2018年上半期 TOP5発表

歯科矯正の料金

まずは西日本豪雨により被災された皆さまにお見舞いを申し上げ、1日も早い復旧、復興をお祈り致します。

今年も早いもので、2018(平成30)年もあっという間に半分が過ぎました。
今年前半に大きく話題となったニュースを思い出すと、平昌オリンピックでは羽生結弦選手と小平奈緒選手を筆頭に、多くのアスリートが日本中を沸かせてくれました。同じスポーツでは、角界やレスリングなどスポーツ界での不祥事や騒動、大谷翔平さんのメジャーでの活躍も大きなニュースになりました。もちろん記憶に新しいところでは、米朝首脳会談という歴史的なニュースもありました。

当院で大きな話題となるようなニュースはないのですが、ウェブサイトをリニューアルしてから今年の5月末で1年が経ちました。そこで、今回はアクセスして頂いている皆様がどのような記事やページに関心や興味を持って頂いているのかを簡易的、且つ客観的に調査を行いました。

 

「2018年上半期 最もアクセスが多い 上位5ページ」
 ※トップページを除く

5位 アクセス総数の2.54%
矯正治療症例(叢生)

 

4位 アクセス総数の2.89%
スタッフ紹介

 

3位 アクセス総数の4.26%
医院概要

 

2位 アクセス総数の6.34%
歯列矯正

 

そして上半期の当院ウェブサイトでTOPを除いて最もアクセスが多かったページは…

 

1位 アクセス総数の7.60%
矯正料金表

 

当院の矯正治療は明確で明瞭な料金体系としている為、ウェブサイトでも隠すことなく公開しております。患者さんの口腔内の状況や、治療期間、治療方法の違いによって、見積りが変動する医院もあります。それ故に患者さんとしては、複数の矯正医に見積りを依頼し、最終的に比較検討しなければいけません。矯正治療の見積りは患者さんにとって負担の大きいものです。新車の見積とは違い、カウンセリングや検査、場合によっては精密検査を受けなければいけません。

見積(矯正治療の費用)を比べることが、治療を始める前の患者さんに大きな負担を与えることを私たちは知っています。もちろん見積を比較すること自体を否定している訳ではありません。

そこで、私たちは治療の難しさ、治療方法、治療期間の違いなど通る道は人それぞれ違ったとしても、“ 最終的なゴールはみんな一緒 ” という思いから、『全体的矯正は52万円(税抜)』という明確でわかりやすい料金体系としています。

もしかしたら「料金表がウェブサイトに載っているので、それを見て決めて下さい。」と少し乱暴に受け取られてしまうかもしれません。当院では無料のカウンセリングを行っております。矯正治療を何度も経験している方はいません。大抵がお子様の不正咬合を不安に思って、わからないことだらけのまま、まずは矯正治療をしている歯医者をネットで探し、今の時代であれば次は口コミサイトを熟読した上で予約している方が多いと思います。

口コミとは信頼出来る人から伝わる善し悪しの情報です。口コミサイトで参考となった投稿を書いている人は、あなたの信頼出来る人ですか?その投稿者は、複数の矯正歯科で治療を受けるなどして客観的に善し悪しを判断出来る人ですか?そもそも書いている方をご存知ですか?答えはきっとNOです。知らない人の評判に左右されることがないように、当院では矯正医が無料でカウンセリングを実施しています。

矯正治療についてわからないこと、不安があることは当然です。そうした疑問や不安感を煽ることなく、親身にアドバイスしている当院だからこそ、矯正料金も公開しているのです。また実際にどんな治療をするのか、どんな診療室なのか、どういうスタッフがいるのか、担当はどういうドクターなのか等、知らないことがあれば全て公開しお伝えしますので、ご予約の上でお気軽にお越し下さい。

 

歯科矯正の料金