【医療相談】むし歯の乳歯を抜いた後は?

むし歯の乳歯を抜いたら

Question

子供の乳歯がひどいむし歯になり抜きました。抜いたまま何もしなくていいのでしょうか。

Answer

生後6~7カ月頃から乳歯が生えはじめ、2歳半頃に全部の乳歯が生えそろいます。それから全部が永久歯になる10~12歳までの長い間、乳歯には大切な役割があります。

当たり前ですが、よく噛むため、正しい発音をするために乳歯は必要です。そして永久歯が生えるスペースを確保するという大切な役割があります。

永久歯は、あごの骨の中で徐々に形成され、少しずつ上(または下)に動きながら乳歯の根っこを溶かします。そして乳歯が抜けたら永久歯が頭を出す、というわけです。しかし、早期に乳歯が抜けてしまうと、まわりの歯がそこに動いたり傾いたりして、後続永久歯が正しい位置に出られなくなり歯並びが悪くなります。

乳歯がむし歯になったら、抜かなくてもいいように早期に治療しましょう。もし抜いた場合には状況により保隙装置(ほげきそうち)を入れます。そして永久歯が出るまで経過観察します。

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて、つくば駅から車で6分の当院(医療法人社団洸友会 つるみ矯正歯科)院長による歯科医師の立場からの質問への回答が掲載されています。過去に掲載された記事もバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

むし歯の乳歯を抜いたら