【医療相談】乳歯の内側に永久歯が生えた場合

乳歯の内側に生えた永久歯

Question

7歳になる子供の前歯が乳歯の抜けないまま永久歯が内側に生えてきました。乳歯は抜いたほうがよいでしょうか?

Answer

5~8歳頃、前歯8本(上下4本ずつ)が乳歯から永久歯に生え変わります。乳歯が抜けた後に永久歯が生えてくるのが理想ですが、乳歯が抜けないまま永久歯が内側から出てくることもあります。この場合乳歯はなるべく早く抜きます。内側に生えた永久歯は多少前方に動くこともありますが、他の歯とそろってきれいに並ぶことは稀です。

乳歯のときにきれいに並んでいた前歯がガタガタになって心配される方も多いですが、すぐに治療を必要としないケースが多くあります。乳歯の時にすきまのない歯並びのお子さんは大きな永久歯が生えてくるとどうしても真っすぐには並びません。他の永久歯の生えかわりを待ち、顎の成長をみながら経過観察をし、その後全体的に矯正治療をします。この時期に前歯だけをきれいにしても奥歯や犬歯が永久歯になると、また歯並びが悪くなることがほとんどだからです。

しかし、例外もあります。極端に顎が小さい場合は早くからひろげたり、上下のかみ合わせがよくない場合は、早くから治療を開始します。

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて、つくば駅から車で6分の当院(医療法人社団洸友会 つるみ矯正歯科)院長による歯科医師の立場からの質問への回答が掲載されています。過去に掲載された記事もバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

乳歯の内側に生えた永久歯