【医療相談】生え始めた永久歯の一部が黄色っぽくなっています。

つくばの歯医者 子供の歯並び矯正治療

Question

6才の子供です。奥に生えてきた大人の歯の一部が黄色っぽくなっています。むし歯でしょうか?

 

Answer

これはエナメル質形成不全症と思われます。エナメル質は歯の表面の硬い組織で、内側の象牙質や神経を守る鎧のような働きをしています。エナメル質形成不全症は、永久歯の前歯と6才臼歯にみられることが多く、見た目の特徴としては白色、または黄色っぽい色をしています(健康な歯の色はクリーム色)。この部分はエナメル質の密度が粗く防御機能が弱くなっています。健康なエナメル質の歯に比べ、欠けたり崩れやすく、むし歯になりやすい歯といえます。

前歯の場合、強い力が加わりにくいので欠けにくいのですが、奥歯は噛んだ時の強い力により欠けやすく、またそこにプラークが溜まりやすいので、むし歯が発生しやすくなります。

エナメル質形成不全症の歯を大事に守って使い続けるには、予防・早期治療・経過観察が大切です。エナメル質が崩れたら、そこを補修、補強します。小さなうちに処置すれば削る量が少なくてすみます。そしてお子さんのお口の成長と完成をまち、必要に応じて本格的で長持ちする被せ物にかえます。定期的なメインテナンスはとても大切です。

 

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて当院歯科医師の回答が掲載されています。過去に掲載された記事をバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

つくばの歯医者 子供の歯並び矯正治療