【医療相談】がん治療と歯の治療は、どういう関係がありますか?

がん治療 口内炎 つるみ 歯科 口腔外科

Question

がん治療を始めるにあたり、歯科で口の中のクリーニングとむし歯の治療をするように言われました。がん治療と歯科とどういう関係がありますか?

 

Answer

医療の進歩によりがんも治る病気になってきましたが、一方で副作用による合併症に苦しむ方も多くなってきました。がん治療の副作用というと、吐き気や脱毛を思いうかべますが、口の中もおおいに関係します。がんの治療中は口に様々なトラブルが起きやすくなるのです。

例えば、抗がん剤治療により口内炎ができやすくなります。口の中を清潔にしていないと、口腔細菌によりひどい口内炎ができ、その結果食事や睡眠がままならなくなると、体力の回復はもちろん治療の継続が難しくなってしまうこともあります。また、むし歯や歯周病が急激に悪化したり、口腔細菌が唾液と一緒に入ると誤嚥性肺炎をひきおこすことも。

がんの治療前はもちろん治療中も口腔ケアをすることにより、副作用によっておこりがちな口内炎・肺炎・敗血症などを確実に減らすことができ、がん治療の成績が向上します。どうぞ、治療の効果があがって病気が治りますようにお祈りいたします。

 

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて当院歯科医師の回答が掲載されています。過去に掲載された記事をバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

がん治療 口内炎 つるみ 歯科 口腔外科