【医療相談】マウスガードで市販のものと歯科医院でつくるものの違いは何ですか?

スポーツ用マウスピース の つるみ 歯科

Question

ラグビーをしていてマウスガードが必要です。市販のものと歯科医院でつくるものの違いは何ですか?

 

Answer

スポーツ時の外傷から歯やあごなどを守る装置に「マウスガード」があります。試合や練習の時の歯の外傷(歯が折れる、抜けるなど)や口の中とその周辺(唇、舌、頬など)の裂傷の予防、あごの骨折予防、あごの関節の保護、そして脳震盪の予防のために使われます。また、全身運動時にマウスガードを装着して噛みしめると、首のまわりの筋肉の活動を高めることができますし、装着することによる安心感がよりアグレッシブなプレイを生むなどの効果も期待できます。

マウスガードには大きく分けて3つのタイプがあります。

ひとつは購入してただ装着するだけの既製品。
もうひとつは選手自身が成形するタイプ。
3つめが歯科医院でつくるカスタムメイドタイプです。

既製の市販品は、適合性や形態が不良な事が多く、十分な外傷予防効果が期待できないばかりか、噛み合わせがズレてしまうこともあります。一方カスタムメイドのマウスガードは、適合性に優れ、厚みの調整や材質を選択できるなど自由度も高く、衝撃吸収性も期待できます。そして何といっても正しい噛み合わせで提供することができます。

 

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて当院歯科医師の回答が掲載されています。過去に掲載された記事をバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

スポーツ用マウスピース の つるみ 歯科