【医療相談】インプラント治療で上顎の骨が薄い場合

Question

上顎の骨が薄いためインプラント治療が難しいと言われました。何か解決する方法はありますか?

Answer

インプラントとは歯を失ったあごの骨に埋入する人工の歯根のことです。インプラントを埋入しそれを土台にして人工の歯を入れるのがインプラント治療です。インプラントを埋入するにはその場所にある程度の骨の量と硬さが必要です。それらを調べるためにまずは検査をします。

上顎の奥歯(臼歯)はその上部、歯根の近くに上顎洞という穴があります。上顎洞が大きい場合などはインプラントを埋入する場所の骨の量が少ないことがあり、その場合、上顎洞底挙上術(サイナスリフト)により骨の量を増やすことがあります。サイナスリフトとは上顎洞の底の粘膜を持ち上げてできた空洞に人工骨や自家骨などを移植する方法です。約半年後に再び検査をして骨が定着しているか確認をします。

サイナスリフトは上顎洞の形態等により、適応しない場合があります。個人差がありますのでまずはご相談ください。なお、サイナスリフト、インプラント治療とも保険適応外の治療になります。

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて、つくば駅から車で6分の当院(医療法人社団洸友会 つるみ矯正歯科)院長による歯科医師の立場からの質問への回答が掲載されています。過去に掲載された記事もバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。