【医療相談】セラミックは何年ぐらいもちますか?

セラミックは何年もちますか?審美歯科治療のつるみ矯正歯科

Question

古い銀歯をセラミックに換えたいのですが、セラミックは何年ぐらいもつのでしょうか?

Answer
セラミックは陶材でできた歯で、本物の歯と見分けがつかないほどの透明感のある被せ物です。一番のメリットは美しい見た目です。また、表面は滑沢で汚れ(細菌)が付きにくく、むし歯歯周炎になりにくいと言えます。保険の白い被せ物が数年で変色してくるのに対し、色の経時的変化及び金属の被せ物におこる歯肉の黒ずみもありません。

とても良い素材の歯ですが、セラミックはとても固い物なので、欠けやすいというデメリットがあります(種類によっては欠けにくい物もあります)。噛み合わせの力の強い方、歯ぎしりをする方は注意が必要です。また保険の適応ではありません。

セラミック自体はとても強く変化の少ない物なので長持ちしますが、セラミックを付けている接着剤(セメント)は劣化します。そして歯の状況(根っこや歯肉の状態)によりセラミックのもちは変わってきます。口腔の清掃状態がよく定期的なメインテナンスをしていれば10年以上もつ方も少なくありません。

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて、つくば駅から車で6分の当院(医療法人社団洸友会 つるみ矯正歯科)院長による歯科医師の立場からの質問への回答が掲載されています。過去に掲載された記事もバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

セラミックは何年もちますか?審美歯科治療のつるみ矯正歯科