【医療相談】たばこを吸うと歯周病になりやすいって本当ですか?

たばこ タバコ 煙草 喫煙 歯周病 歯科医院 歯科医師 歯医者 つくば 土浦 研究学園

Question

たばこを吸うと歯周病になりやすいって本当ですか?

 

Answer

たばこの影響というと、肺がんや気管支炎を思いうかべる方も多いと思いますが、実は口の中にも様々な影響があります。

  1. 口臭が強くなる
  2. 味覚・臭覚が低下する
  3. 歯の表面に歯垢(プラーク)が付きやすくなるのでむし歯になりやすい
  4. 歯周病を悪化させる 等です。

歯周病で歯肉に炎症がおきると、出血したり腫れたりするので病気にかかったことに気づきます。しかしたばこを吸うことによって血管が収縮し、出血や腫れが少なくなると発病に気づきにくくなります。またニコチンやタールの影響で、歯肉への酸素供給量が減ったり、白血球の正常な働きが弱ってしまう結果、免疫力が低下し歯周病が進行・重症化することがあります。

喫煙は口腔内に様々なトラブルをひきおこします。これは周りに漂う煙を吸う(受動喫煙)方も同様です。歯周病や口腔がんのリスクを減らすために、禁煙はとても大切なことなのです。

 

 

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて当院歯科医師の回答が掲載されています。過去に掲載された記事をバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

たばこ タバコ 煙草 喫煙 歯周病 歯科医院 歯科医師 歯医者 つくば 土浦 研究学園