【医療相談】マウスガード使いながら子供の矯正治療できる?

子どもスポーツマウスガード 小児歯列矯正 つくば市つるみ矯正歯科

Question

子供がスポーツをしておりマウスガードを使っています。マウスガードを使いながら矯正治療はできますか。

Answer

スポーツをしていると、飛んできたボールが当たる、相手の手足や頭とぶつかる、ラケットやバットが当たるなどして、歯や顎が折れたり、脱臼することがあります。これらの外力から歯と歯周組織(特に上の前歯)と顎を保護するのがスポーツマウスガードです。

マウスガードの装着は少なからず口の中の状態を変化させることになるので歯科医師がつくるカスタムメイドタイプのものがおすすめです。

矯正治療中の方でもスポーツマウスガードを使用できます。ただし既製の物ではなくカスタムメイドタイプになります。歯の動きにより調整が必要になるので、診療のたびに持参してください。歯が動くことにより適合は悪くなるので再製作することもあります。

矯正治療中はワイヤーで歯が連結されているので脱臼は少なくなりますが、口唇や頬の粘膜は傷つきやすくなるのでその点でもマウスガードは有効だと思います。

でも、受診の時は妊娠中であることを必ずお伝えください。ご相談の上、処置内容や処方薬を考慮いたします。

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて、つくば駅から車で6分の当院(医療法人社団洸友会 つるみ矯正歯科)院長による歯科医師の立場からの質問への回答が掲載されています。過去に掲載された記事もバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

子どもスポーツマウスガード 小児歯列矯正 つくば市つるみ矯正歯科