【医療相談】子供の歯ぎしりは大丈夫?

子どもの歯ぎしり 睡眠不足、テレビゲーム、歯並び、不規則な生活リズム

Question

5歳の子供が歯ぎしりをするのですが、大丈夫でしょうか?

Answer
歯ぎしりというと、大人がするものというイメージがあるかもしれませんが、子供も意外と多くします。ほとんどは生理的なものなので心配いりません。成長とともに自然に消えていくものです。

歯ぎしりはいろいろな原因(リスクファクター)が重なることでおきるとされていますが、その中の重要な因子に「睡眠」があります。睡眠時間が不足している、起床就寝時間が不規則、環境の悪い部屋(うるさい、明るい等)で寝ているなどの悪い睡眠習慣があると歯ぎしりがひどくなると言われています。テレビゲームを1日3時間以上している、塾や習い事が毎日ある、などもリスクファクターになるという調査報告があります。

お子さんの歯ぎしり自体は特に心配いりませんし、歯ぎしりにより歯が削れることも乳歯であればよくあることです。しかし、エナメル質が削れた乳歯はむし歯になりやすいので気をつけてください。定期的な観察が必要です。また、永久歯の歯並びが悪く、歯ぎしりの影響を受けやすい場合は矯正治療をしたほうがいいでしょう。

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて、つくば駅から車で6分の当院(医療法人社団洸友会 つるみ矯正歯科)院長による歯科医師の立場からの質問への回答が掲載されています。過去に掲載された記事もバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

子どもの歯ぎしり 睡眠不足、テレビゲーム、歯並び、不規則な生活リズム