【医療相談】むし歯が進行して抜歯予定の奥歯。その後の治療法は?

インプラントつくば 研究学園 つるみ矯正歯科 土浦 守谷 牛久 口腔外科

Question

50歳男性です。むし歯が進行し、奥歯を抜かなくてはいけなくなってしまいました。どんな治療法がありますか?

 

Answer

奥歯の喪失は、咀嚼機能の低下を引き起こします。そこで、人工の歯を入れて機能の回復を図ることが大切になります。治療の選択肢となるのが ①部分入れ歯 ②ブリッジ ③インプラントです。それぞれにメリット、デメリットがありますので、患者さんの口の状態(失った歯の種類・失った原因・残った歯とその周囲の状況)と、ご希望に合わせて選択します。

  1. 部分入れ歯は、歯をたくさん削らなくてすみ、取り外し式で手入れが楽な反面、違和感もあり噛む力も弱くなる。
  2. ブリッジは固定されているので、違和感が少なく噛む力が落ちない反面、両隣の歯を削る必要がある。
  3. インプラントは、健康な歯を削る必要がなく周囲の歯に負担をかけない反面、治療期間が比較的長く、自費診療になる。

どの治療法を選択したとしても、安定した予後のため、定期的なメインテナンスが必要です。入れた歯がいくらしっかりしていても、その周りの状況が悪くなってしまうと、ブリッジやインプラントに負担がかかり、長持ちさせられなくなります。

 

 

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて当院歯科医師の回答が掲載されています。過去に掲載された記事をバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

インプラントつくば 研究学園 つるみ矯正歯科 土浦 守谷 牛久 口腔外科