【医療相談】妊娠・出産で歯が悪くなるのですか?

妊娠中の歯科治療ならつくばのつるみ矯正歯科

Question

「妊娠出産すると歯が悪くなる」と聞きますが、本当ですか?また妊娠中に歯科治療を受けることはできますか。

Answer
これは本当です。もちろん赤ちゃんにカルシウムが取られるからではありません。

妊娠中はつわりで丁寧な歯みがきが難しくなったり、味の好みが変わり甘い物や、すっぱい物を食べる機会が多くなったり、間食が増えたりします。また、妊娠中はホルモンの影響で唾液が減るので、自浄作用や再石灰化作用が弱くなるなど、むし歯や歯周病になりやすい条件が揃うのです。
実際、歯痛に悩んだり、歯ぐきが腫れる方も少なくありません。それでも「赤ちゃんに何か影響があるのでは?」と歯科受診を躊躇してしまい、結果ますます状態が悪化することがあります。

妊娠の時期によっては、治療内容を応急処置にとどめることはあります。麻酔薬や処方する薬も考慮しますが、妊娠中でも基本的には通常の歯科治療が受けられます。レントゲン撮影をしても問題はありません。

歯科医院にて受診するときは、必ず妊娠中であることを伝えて下さい。また産科の主治医にも歯科治療を受けていいか相談しておきましょう。できれば慌てることがないよう妊娠前からクリーニングやメインテナンスをして、いつも健康なお口でいたいものですね。

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて、つくば駅から車で6分の当院(医療法人社団洸友会 つるみ矯正歯科)院長による歯科医師の立場からの質問への回答が掲載されています。過去に掲載された記事もバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

妊娠中の歯科治療ならつくばのつるみ矯正歯科