【医療相談】口内の汚れが風邪に影響するのですか?

手洗い・うがい・歯ブラシ・栄養・睡眠でインフルエンザ・風邪予防 つるみ矯正歯科 つくば つくまる

Question

口の中の汚れが風邪などに影響すると聞きましたが、本当ですか?

 

Answer

本当です。風邪やインフルエンザにかかるリスクを高くします。歯や舌、口の粘膜などには100億個もの細菌がいますが、歯みがきを怠っている人の場合、その数は1000億個とも。みなさんご存知のようにこうした細菌はむし歯や歯周病の原因になりますが、それ以外にもいろいろ悪さをすることがわかってきています。

お口の中のプラーク(歯垢)は細菌のかたまりです。栄養を取りながらどんどん数を増やし続けます。でもウイルスはこれとは違い、生きている細胞に入り込み、その細胞からエネルギーをもらわないと仲間を増やせません。インフルエンザウイルスはノドの粘膜をターゲットにし入り込もうとしますが、普段、粘膜は粘液でおおわれているのでウイルスは吸着できません(この時がガラガラうがいでウイルスを追い出すチャンスです)。

しかし、プラークに潜む細菌たちが出す酵素は、ノドの粘膜を守っている粘液を溶かし破壊します。そのためウイルスが吸着しやすくなり感染症にかかりやすくなってしまうというわけです。手洗い・うがい・栄養と睡眠、そして歯みがきで、風邪やインフルエンザを予防して下さい。

 

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて当院歯科医師の回答が掲載されています。過去に掲載された記事をバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

手洗い・うがい・歯ブラシ・栄養・睡眠でインフルエンザ・風邪予防 つるみ矯正歯科 つくば つくまる