【医療相談】前歯をブリッジにするかインプラントにするか悩んでいます。

つくば歯医者 口コミ つくばエクスプレス 歯科治療

Question

歯が折れてしまい、前歯を1本抜くことになりました。このあとブリッジにするか、インプラントにするか悩んでいます。

Answer

前歯が1本歯根ごと無くなった場合、人工の歯を再建しなければなりません。この方法にはブリッジまたはインプラント治療があります。ブリッジは失った歯の両隣の歯を削ってそこに被せ物をし(支台)、それらにポンティックという人工歯を連結するものです。様々な症例に対応し、治療期間も比較的短いのが特徴です。

インプラントは失った歯のところの歯槽骨に人工の歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工の歯冠をつけるというものです。チタンのインプラント体は歯槽骨と強固に結合するので自立し、隣在歯を削る必要はありません。しかし、インプラント体を埋め込む歯槽骨の量が充分に確保されていることが治療の条件になります。歯槽骨が足りない場合は「歯槽骨再生療法」で骨を造成しますが、その量には限界があります。インプラント体の埋入から結合を確認するまで約数か月かかるので、治療期間は長くなります。

失った歯の両隣が健康な歯でしたら、インプラント治療もいいでしょう。しかし、診査の結果、歯槽骨が足りなく歯槽骨再生療法も困難な場合はブリッジをおすすめします。

 

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて当院歯科医師の回答が掲載されています。過去に掲載された記事をバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

つくば歯医者 口コミ つくばエクスプレス 歯科治療