【医療相談】歯ぎしり改善のためマウスピースの使用を勧められました。

ナイトガード マウスピース 歯医者 茨城県

Question

歯医者から、歯ぎしりをしていると指摘され、マウスピースの使用をすすめられました。歯ぎしりの自覚はありませんが使った方がいいですか?

 

Answer

起きているときにする「食いしばり」ですら、自分では気がつかないことが多いものです。就寝時の「歯ぎしり」「食いしばり」は自覚できず、気がついて自分でやめることができません。歯ぎしりの力は大変強いので、それが長く続くと歯がすり減ったり欠けたり、歯周病が悪化します。また被せ物が壊れたり、歯が折れたり、せっかく入れたインプラントが壊れることもあります。

そこで、歯やあごに加わる過剰な力を減らすために、就寝時用のマウスピース(ナイトガード)の使用が有効です。多くは硬いアクリル樹脂で製作し上あごに装着します。使っていくうちにナイトガードが削れてくるので、歯ぎしりの状態もわかります。自覚がなくても起床時にあごに疲労感がある方は歯科を受診して下さい。お口の中のいろいろな症状で歯ぎしりをしているのがわかります。

歯ぎしりはストレス他、様々な原因が複合的に加わり起こるとされています。
現実的にすぐに歯ぎしりをしないようにするのは難しいので、まずはナイトガードの使用が一番だと思います。

 

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて当院歯科医師の回答が掲載されています。過去に掲載された記事をバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

ナイトガード マウスピース 歯医者 茨城県