【医療相談】前歯が生え変わった時に注意することは?

つくばの歯医者さん 歯並びの治療

Question

小学1年生の子供がいます。前歯が抜けて大人の歯が生えてきました。この時期に気をつけることはありますか?

 

Answer

6~7才頃、乳歯列の奥に永久歯(6才臼歯)が生え、6~8才頃に上下の前歯4本が永久歯に生えかわります。前歯に続いて9~12才頃に側方の歯が永久歯になります。生えたての歯は軟らかく、むし歯菌の出す酸に弱いうえ、他の歯より低い位置にあるので、噛み合わせの面が磨きにくく、むし歯になりやすくなっています。一番奥に大人の歯がでてきたら、一度歯科医院でこの時期にあった歯みがきの方法を教わるとよいでしょう。 また、生えたての奥歯には深いみぞがあり、汚れや食べかすがつまりやすいので、「シーラント」でうめてしまうとむし歯の予防になります。

この時期は歯並びが変化する時期でもあります。叢生(ガタガタ)、出っ歯受け口になるなどの変化があれば歯科医院を受診して下さい。この時期に治療を開始した方がよい場合があります。

これ以外に接着ブリッジ(両隣の歯の後ろを薄く削り、そことダミーの歯を付ける)もあります。噛み合わせによっては適応できないこともありますが、大人になって本格的な治療を決めるまでのひとつの選択肢です。

 

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて当院歯科医師の回答が掲載されています。過去に掲載された記事をバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

つくばの歯医者さん 歯並びの治療