【医療相談】親知らずが斜めに生えた。抜いたほうがいいの?

親知らず 抜歯 口腔外科 つくば 土浦 牛久 龍ケ崎 つくばみらい 常総

Question

親知らずが生えてきましたが、斜めになっています。痛みがなくても抜いたほうがいいのでしょうか?

 

Answer

親知らずは、一番奥に生えてくる歯で、多くは成人してから生えてきます。現代人のあごはスリム化する傾向にあり、一番最後にでてくる親知らずが出られるスペースはありません。結果、水平や斜めに生えていろいろなトラブルを引き起こす原因になります。

例えば、前の歯の歯ぐきの下にむし歯をつくったり、歯ぐきに炎症がおきて腫れたり、さらには歯を支える骨を溶かしたり。歯並びやかみ合わせに影響することもあります。将来、こんなトラブルが予想される場合には、痛みがなくても抜いてしまった方が得策です。もちろんまっすぐに生えて上下しっかり噛んでいる歯は抜く必要はありません。

横向きの親知らずの抜歯は、歯ぐきを切り、必要に応じて歯のまわりの骨を最小限に削ったりと大変です。術後も痛み・出血があり、腫れます。神経に近い親知らずを抜く時はしびれがでることもあります。事前に、抜く理由やリスクについてしっかり説明を受けましょう。

 

 

【お口のお悩み相談コーナーとは】
つくば市を中心に無料で配布されているフリーペーパー「つくまる ~つくばまるごとマガジン~」の中で連載されている『街のお医者さん つくまる相談室』にて当院歯科医師の回答が掲載されています。過去に掲載された記事をバックナンバーとして当院ホームページにて掲載しております。

親知らず 抜歯 口腔外科 つくば 土浦 牛久 龍ケ崎 つくばみらい 常総