CTスキャン

レントゲンでは断面のみの撮影だが、CTスキャニングでは3D、つまり立体で表皮の内側の骨や血管の状態を撮影する機械です。インプラント埋伏した親知らずの抜歯、外傷の治療など複雑な口腔外科処置における状態把握の為に活用されています。