小児歯科

つくばのつるみ矯正歯科の小児歯科治療

小児の歯科治療は、乳歯に対するものと、生え始めた永久歯に対する処置があります。乳歯に対してはむし歯の治療がメインですが、虫歯が大きく進行してしまった場合や生え変わりの時期には抜歯処置も行います。また乳歯をむし歯から守るために、保険外でフッ素塗布シーラント治療を行っています。

 

つくばのつるみ矯正歯科の小児歯科治療

フッ素塗布とは

フッ素塗布によって、乳歯の再石灰化を促し、歯のエナメル質を強くすることで歯を溶けにくくすることが目的です。生えたての乳歯や永久歯は、歯のエナメル質が弱くむし歯になりやすいため、フッ素を塗ると予防効果を大きく期待できるとされています。

 

シーラント治療とは

シーラント治療とはお子様の歯を予防から守るため、奥歯の噛む面の溝の部分にプラスチックを埋め込み、虫歯が出来る溝をなくす処置です。
対象となるのは、未就学児や低学年の時期の乳歯や奥歯から生え始めの永久歯などで、特に虫歯になりやすい奥歯の溝や複雑な形となっている歯の窪みです。シーラントは、それらの溝や窪みにコーティング剤を埋め込みます。
しかしコーティング剤が剥がれてしまったり、隙間が出来たまま放置してしまうと、その箇所が虫歯になって、更にシーラントの下まで虫歯が広がってしまうリスクがあります。シーラントを行った後も定期的なメンテナンスを欠かさずに、通院することが重要です。
シーラントは全ての歯、また歯の全てを覆うことは出来ません。虫歯になり易い歯や箇所を予防する為の処置であり、必ず行わなければいけない処置ではありません。お子様の虫歯リスクで不安がある場合など、お気軽に当院の歯科医師にご相談下さい。

 

親御さんからのよくある質問

親御様からの質問で、永久歯に生え変わる時期に特に多いのが矯正治療をいつから始めれば良いか?というものです。歯科矯正学においても最適な治療の開始年齢は明確になっていません。基本的には患者毎にそれぞれ異なる為に、最適なスタート時期を判断するためにも綿密な診査を行う必要があります。

歯列矯正については矯正医による無料の矯正相談を実施しておりますので、お気軽にご活用下さい。無料カウンセリングの予約フォームはこちら