入れ歯治療

つくばの入れ歯作製

天然歯を失った場合に補完する為の治療法です。歯を失った範囲が大きい場合は取り外しが可能な入れ歯が必要となり、失った部分のみに使用する部分入れ歯と、全ての歯を失った場合は総入れ歯を作製します。

歯を失ったままにすると正常に噛み合わせが出来ないだけでなく、全身への影響も与えることがわかっています。また、合わない入れ歯の長期使用もさまざまな問題を引き起こします。入れ歯を使うと食べにくくなる、また面倒だと思っている方も多いと思いますが、きちんとした理論、技術での入れ歯治療を行えば、ほとんどの場合は問題を解消できることが多いのです。
当医院では患者様の年齢や、病態、ライフスタイルを考慮しながら、患者様に最適な入れ歯をおすすめしております。

 

見た目や機能性を重視した作製方法もあります

 

入れ歯治療には保険治療と保険適用外の自費治療があります。保険が適用出来る入れ歯は、限られた道具と設計の中で行います。保険適用外の自費治療にて作製する入れ歯の場合は、最新の道具や設計を用いて作製できるため、よりコンパクトで厚みのない温度を感じやすい金属を使用したり、より見た目が美しく自然な印象を与えるためにバネや金属を見えにくい素材を使用することが可能で、選択肢が広がります。

 

入れ歯はメインテナンスが大事

 

入れ歯はしっかりと適合した状態ではじめて天然歯に近い機能を有することが出来ます。言い換えれば不適合の状態では、しっかりと噛めないだけでなく、歯茎や粘膜を傷めたり、食べ物が詰まりやすい、発声しにくいなどの様々な症状を引き起こすことにもなります。当院で作製した場合でも定期的なメインテナンスをお願いしておりますが、他院にて作製された入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)についてもメインテナンスを受けることが出来ます。

 

通院出来なくなってもご安心下さい

入れ歯を使用していても病気等で通院が出来なくなる場合があります。当院では訪問診療を行っており、ご自身で通院出来なくなったり、また一時的に通院出来ない場合なども、ご自宅介護施設、入院された病院での歯科治療を行っております。

訪問診療エリアは、茨城県つくば市、土浦市、つくばみらい市、牛久市、阿見町、かすみがうら市※、常総市※です。法律で定められた訪問できる場所等に制限が御座いますので、詳しくは当院までお問い合わせ下さい。